読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通信制高校

ORISAさんのブログで子どもにとっては夢のような通信制高校の話が出てましたね。

俺様もそんな通信制高校だったら行きたいな(笑)

 

通信制高校って結構いいもんです

各科目ごとにスクーリングと言って出席しなくちゃいけない日数が決まってまして、その日数を出席しないと、どんなに学業優秀でも単位が取れません。

でも、昼間は働いているのでなかなかこのスクーリングを達成するのが難しい人もいます。

土日休みの定時あがりの人はいいけど、サービス業でシフト休の人は苦労してました

実際、仕事のローテーションと完全に重なっててギリギリだった科目もあった

ホームルームは基本、水曜と日曜

これも決まった日数を出なくちゃいけないのです。

 

科目は全日制とほとんど変わらないです

さまざまな年齢の方と机を並べて勉強するってのが、すでに社会勉強

全日制とは一味も二味も違います

年齢が上の方ほど、学習に対する意欲が強い。

さまざまな理由・事情で高校に通えなかった方が時間を経て通うわけです

「ここ判んないから教えて」

「ただでは教えられませんな(笑)」

「よっしゃ、昼飯おごっちゃる!!、たのむぞ!」

自分の父母・祖父母と同じくらいの年齢の人とこんな会話ができて仲良くなれるのも、通信制のいいところかな?

 

仕事をしながら学ぶのはとっても大変。

それでも各々が想い・目的を持って通っているのです

 

どこにも行く所が無い人が最後に行きつく高校、ではないのです

なんかネガティブな印象を持たれている事が多い通信制定時制ですが、少しでも見方を変えてもらうと嬉しいな、と思います