読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Korn

80年代から90年代前半、華やかなハードロック・ヘビーメタルが全盛を極めていたころに、突如現われたグランジオルタナティブ

陰鬱で暗くて、のイメージが好きになれず

音も大体のバンドが真ん中ばっかり膨らませて、モコモコした感じ(伝わるかな?)が好きになれず

何より、ついこの間までメタルをやっていたバンドたちが、どんどん路線を変更してグランジオルタナ系にシフトしていくのがムカついた

お前ら、結局は売れたいだけの偽物だったんだな!

 

DEATH TO FALSE METAL!!

偽物のメタルには死を!

 

よく対バンしていたバンドのベースがニルバーナ命で、顔を合わせる度に

「ニルバーナなんか糞だ」という僕と

「ニルバーナいいから、とにかく聴け!」という彼で言い合いをしていました

 

そんななか現れたkorn

 

ふたりともドはまり

最初っから病んでるボーカルのジョナサン

スラップしまくりで、アタック音がバスドラにしか聞こえないフールディのベース

スネアロールとか訳が分かんなくて、とにかく手数が多くてテクニカルなドラム

よくわからないギターワークの二人

 

久しぶりに聴きましたが、良いものは良いですね

長旅のお供にしたいと思います