読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時計屋めぐり その二

マリーナベイサンズの2店目

 

ロジェ・デュブイ

元パテックにいた時計師の人が立ち上げたブランド

初期はパテックのアーカイブスをなぞった古典的な時計と全ムーブメントがジュネーブ・シール取得済という、時計好きの心をくすぐる素敵な時計でした

 

その後、カルロス・ディアス氏が合流してデザインが一気にモダン化。アバンギャルドになったと言ってもいいかも

デザインは奇抜だが時計としての作法はしっかりと守っている、しかも中身のムーブメントは全てジュネーブシール取得、というのがまた良かった。

 

ちょっと前のロジェの良さは、限定数云々とか手に入りにくいとかではなくて、そういうところだったと思う

 

 カルロス氏が抜けるくらいのタイミングでリシュモングループ入り。

一気にモデル数を絞って、デザインも変わった

カルロス氏がいた頃の毒気の強いデザインが好きだった人には、今のロジェはちょっと物足りないのかな?とも思われます

時計としてはまともになった、という意見も・・・

というのが、モミヤマの持っているロジェに関する知識

時計識者にするどいチェックをされると困るので、ざっくりってことで。

 

さて、ショップを覗くと・・・

ケルトン(地板がないスケルトン)のモデルやトゥールビヨンがに2個クルクル回っているモデルやら、ヤバイのがズラリと置いてありました

 

エクスカリバーのステンとゴールドモデルがあったので、試着させてもらいました。

デカイというイメージしか無かったけど、腕に乗せたらしっくり来るじゃありませんか。それともデカイ時計ばかりならんでるから目がおかしくなった?

 

お店のお姉さんにロジェって全部ジュネーブシール取得なのが魅力だよね、って言ったらなんと!!

「最近は安いモデルにはジュネーブシール付きのムーブメントは乗せてない」との衝撃的な話を聞かされました

クロノスジャパンを定期購読しつつも2年間読んでいないので、きっとその中にこの情報はあったのでしょう。

 

見比べてみたら、ステンモデルのムーブメントはセンターローターで、ゴールドモデルはマイクロローターだった。

いやいや、センターローターでも昔はジュネーブシール付きだったぞ。

購入者層の裾野を広げるためには致し方ないのでしょうが、孤高のガワ時計(いい意味で)という立ち位置はなくなってしまったかな~

 

というわけで高くて購入しにくい現行モデルより、高くて手に入れにくい初期モデルをいつか手に入れたいと思った、ロジェ訪問でした

 

そして、カタログゲットだぜ

ラッキー

f:id:ykplan1:20161106155024j:plain