読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カンフー映画について

熱く語らせていただきましたが、語り足りないので飲み会のときにでも

 

カンフー映画で、秘伝書を一読しただけで極意が会得できるなんてのは間違い!

秘伝書を読んで、シミュレーションして、実際にやってみて、頭で描いていたこととやってみたことの違いを体感し、修正していくことが大切なんです!!

 

なんてことを言いたかったわけではなくて、型の対決のところで笑いを取れなかったので、普段思ったこともない取ってつけたような仕事論とカンフーをリンクさせた話に持っていきました

 

時間に余裕があったら、リー・リンチェイジェット・リー)のワンチャイシリーズでの物理の法則を無視したワイヤーアクションについてお話したかったのです

 

皆さんは、ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナシリーズをご覧になったことはありますか?

品行方正・曲がったことは大嫌いな、リー・リンチェイ演じる黄飛鴻(ウォン・フェイフォン)の、物理の法則を無視したワイヤーアクションに心が踊ります

修行したら、彿山無影脚を使えるようになるかもしれないので、ちょっと練習します

www.youtube.com

多分、熊なんか余裕で倒せるようになる

 

そしてスウォーズマン

剣士列伝と女神伝説の章

ここまで来ると、物理という概念が壊れます

主人公は東方不敗

彼(彼女)にかかると縫い針が岩を砕き、山を吹き飛ばす

とうほうふはい、と読んでいるうちは素人です

トンフォンペッパイと読まなければ、カンフーファンとは言えません

 

でも、カンフー映画の最高傑作は

少林寺三十六房」だと思ってます